ガンプラ

2011年02月15日

1/144 旧キット ガンダム

今回は記念すべきガンプラの第一号、1/144ガンダムです。
製作は2005年くらいです。

resize0182.jpg

resize0183.jpg

resize0184.jpg

このキットから全ては始まったのですね(^^)

ということで、作ってみました。
小学生の頃、二体くらい作りましたが、
満足に出来上がった記憶はありません・・・(汗)

resize0185.jpg

20年ぶりのリベンジということで・・・

しかし、大人になってから作っても作りにくいキットです。

しかも、顔の目の下の赤い部分が設定と違う造形になっているので、
造形に合わせて色を塗るとパッケージ写真のように赤い部分がやたらと分厚くなってしまいます。

resize0189.jpg

そこで、あえてキットの造形を無視して赤い部分を塗装しました。

何とも筆塗りの厚塗り・・!(汗)

resize0187.jpg

しかも、製作中に左腕パーツがなかなかはまらなくて無理にはめようとして破損!(TT)

泣く泣く、もう一体キットを買ってパーツを補充しました。。。

ビームライフルはかなりペラペラです。

resize0186.jpg

ということで、
最新のRGと並べてみましょう〜。


resize0190.jpg

うをっ!

同じラインで並べているのに
すごい遠近があるっ!(^^;

足以外すべての横幅がRGの1.5倍くらいあります(笑)

resize0191.jpg

HG版の時にも書きましたが、
30年前と後のキットを並べて見るととても感慨深いものがあります。


・キットうんちく。

バンダイのベストメカコレクションの一作品ということは有名な話ですね。

肩関節はあとから接着剤で接着するタイプで、
気をつけないと、接着剤がはみ出して肩が前後に振れなくなってしまいます。

ビームサーベルは4本付いています。
ランドセルに収める場合はそのうちの二本をニッパーでカットして差し込むようになっています。

付属武器は他にビームライフルが付いています。

バズーカ、ジャベリン、ハンマーは武器セットに入っていますが、
ジャベリン以外は持たせるのに握りこぶしの加工が必要です。

しかし、顔面の造形を除けばとても素晴らしいプロポーションで、
当時としては素晴らしい完成度だったと思います。


posted by 筆塗り大王 at 19:26| Comment(0) | ガンプラ製作レビュー・1/144連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プレミアム バンダイ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。