ガンプラ

2011年11月03日

HGFCマスターガンダムLEDエディション制作日記1

今回よりHGFCマスターガンダムLEDエディションの制作を開始します。

今回、光らせるポイントはユニコーンに比べれば地味です(笑)

・メインカメラ
・ツインアイカメラ
・ダークネスフィンガー
・風雲再起の目
・ビーム手綱

以上5点です。

光る箇所は地味ですが、
キットを開けて見てみると・・・

なんとも、光らせられるものならやってみろ!
と言わんばかりの構造をしてくれています(TT)

ということで、
今回いくつかアイテムを購入しました。

まずは、前回ユニコーンモードで戦死したBMCタガネ。

今回は思い切ってセットで買ってみました!

mg001.jpg
これはLED工作の心強い武器です!

そして・・・

今回、マスターガンダムを制作するにあたり、
どうしてもやってみたいことがありました。

それが、風雲再起の手綱の発行表現です。

劇中ではビームの手綱という設定ですが、
キット付属のものはただのワイヤーです。

そこで、これをなんとか光らせる方法はないかと模索していましたところ・・・

BMCタガネを購入する際、
スジボリ堂さんでこんなものを発見!

mg002.jpg
ネオワイヤーというそうです。

光ファイバーと違い、
ワイヤー自体が発行するという、
まさにビーム手綱を表現するにはもってこいのアイテムです!

ということで、早速試してみましょう・・。

mg003.jpg
をを!

光ってる(笑)

しかし、思っていたほど強力には光らないようです。

mg004.jpg
写真では分かりにくいですがちゃんと発光しています。

コネクタがやたらと大きいので、
これをどうやるかなど、課題はありますが、
なんとか今回も完成させたいと思います。

それではマスターガンダム、レディーゴー!!


posted by 筆塗り大王 at 18:05| Comment(0) | ガンプラ製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プレミアム バンダイ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。