ガンプラ

2011年11月04日

HGFCマスターガンダムLEDエディション制作日記2

今回はマスターガンダムの目の加工をしてみたいと思います。

が、
パーツを見て意気消沈・・・

デストロイの時は目に穴を開けると後ろはスカスカだったので、
今回もそうだろうと思っていたら・・

mg005.jpg
これが顔面パーツ。

なんと、後ろ側を見てみると・・・

mg006.jpg
目の裏が完全に突起で塞がれています(TT)

これは、かなり加工が必要です・・

顔面を複製してクリアパーツを作るという方法もあるのですが、
強度やら形状の甘さなどを考えると、
やはり目をくり抜いたほうがいいかなと思うので頑張ってみることにします。

まず、いろいろ悩んだ結果、
後ろから直接光を当てるのは無理そうなので・・

mg007.jpg
上面のマジックで塗ったところをくり抜きます。

ルーターで格闘しつつ、
ようやくくり抜きが完了。

mg008.jpg
これで目の裏に光が入る隙間ができました。

今度は目の部分に穴を開けます。

mg009.jpg
まずはピンバイスで穴を開けてから・・・

ピンバイスで開けた穴を今後は針ヤスリで広げていきます。

そして格闘すること数十分。

mg010.jpg
目の形に穴を開けることができました!(^^)

ハリヤスリを入手したおかげで、
デストロイの時よりクオリティの高い穴を開けることができました。

やはり道具は必要です・・

ということで、次回は頭部の完成を目指します。



ラベル:風雲再起
posted by 筆塗り大王 at 19:00| Comment(0) | ガンプラ製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プレミアム バンダイ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。