ガンプラ

2014年07月30日

ガンダム展限定ガンプラ ガンダム&ザクセット

今回はガンダム展で購入した限定ガンプラのガンダムとザクを紹介したいと思います。
組み立てはしばらくできそうにないので、
概要だけを簡単に・・

gt8.JPG
こちらがシャアザクと量産型ザクのセットのパッケージです。
フルカラーパーッケージでオリジナルの絵柄になっています!

gt9.JPG
ランナーはシャアザクも量産型ザクも一緒にパッケージングされています。

gt10.JPG
ランドセルのアカメタがとても綺麗!

今回のガンダム展大阪会場限定ガンプラはガンダムとザクセットの二種類ですが、
名前はメタリックエディションとなっています。
最近の限定ガンプラで採用されつつある整形色にメタリックの素材を使うガンプラです。
見た目や色合いはエキストラフィニッシュバージョンによく似ています。

エキストラフィニッシュバージョンは通常のランナーの上からメタリック塗装をしているのに対して、メタリックエディション(バージョン)はランナーの整形色自体にメタリックのプラ素材を使用しています。

ですので、メタリックエディションの場合は塗装が剥げる心配はありませんが、
ところどころにメタリック素材が金型に流入した際にできるムラ模様が出ています。
ただ、エキストラフィニッシュバージョンと違い、塗装する工程&コストがかかりませんのでその分価格は安くなっているという感じです。

gt11.JPG
こちらがマニュアル。
マニュアルも専用のマニュアルとなっています。

gt12.JPG
こちらがガンダムパッケージ。
こちらもオリジナルのパッケージで「大阪限定」と書かれています。

gt13.JPG
こちらがランナー。

gt14.JPG
写真の赤丸部分が先ほど書いた金型流入時にできるムラ模様です。

ちなみにこのムラですが、
一個一個、違うムラなのかなとも思いましたが、
二個買ったものを見比べますと、
まったく同じ位置に、同じ模様でムラが入っていました。。
さすが機械で生産されているだけあります。(^^;

gt15.JPG
こちらがマニュアル。
ガンダムもオリジナルのマニュアルとなっています。
とはいっても基本はG30モデルですから組み立て方が違うわけではありませんが・・

大阪会場でいきなり主役のガンダムとザクを出してしまいましたが、
東京会場限定のガンプラはいったい何になるのでしょうか?
今から楽しみです。

posted by 筆塗り大王 at 16:28| Comment(2) | 日記・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇ〜、あのムラって同じ位置に出ちゃうんですねぇ。

という事はいつか解消するかもしれませんね。恐ろしや職人殺しバンダイ。。。
Posted by てんどう at 2014年07月30日 23:12
てんどうさん。

コメントありがとうございます(^^)
個人的にはムラの場所がランダムで、
「このキットのムラの出方がいい〜」なんて当て物感覚で購入できる方が楽しいかな〜なんて思ってるのですが(^^;
Posted by 筆塗り大王 at 2014年07月31日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プレミアム バンダイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。