ガンプラ

2014年10月31日

静岡ガンダムLEDエディション制作日誌4

現在制作中の静岡ガンダムですが、
ようやく腕の制作に入ってきました。。(汗)

1/1ガンダムはいたるところに光源があり、
あちこち光っています。
そのすべてを再現することはかなり厳しいので出来る限りで再現したいと思います。

そこで・・・

sizu4-0.jpg
発光ヶ所を調べるために写真集を購入しました(^^;

まずは腕の部分は・・・

sizu4-1.jpg
写真では肘の上下が照らされているようです。
配線とスペースの都合上、上下は厳しいので、下の部分だけを光らせることにしました。

よく見ると腕の部分にシールドを取り付けるための穴がボッカリ空いています(汗)

sizu4-2.jpg
1/1ガンダムの再現にシールドは不要なのでパテで穴埋めします。

sizu4-3.jpg
盛ったパテをヤスリで削ってようやく本題に!

まずはLEDの配置を考えなければいけません。

sizu4-4.jpg
写真のように光は斜め上に向かって光らせたいところですが・・・

無い!!
肘の関節パーツを仮組みしてみたら、光が漏れる隙間がどこにも無い!!

sizu4-5.jpg
仕方ないので写真の点線より内側を削り、無理やり隙間を作ることにしました(TT)

sizu4-6.jpg
右が加工前、左が削って隙間を作ったパーツです。
うまくゆくのか不安になってきました(汗)

そして、LEDを腕パーツの中に仕込もうと思ったら、
ギッチギチでLEDを入れるスペースが無い(大汗)

sizu4-7.jpg
これも仕方ないので関節パーツを削り、そこに埋め込むことにしました。。

とりあえず、これでパーツをセットしてみたいと思います。

sizu4-8.jpg
こちらは左手です。矢印の部分にLEDを配置し、若干できた隙間から光が漏れるようにします。

それではのこりの半面のパーツを接着してテストです。
ガッツリ接着してしまったので、もう後戻りはできません(^^;

sizu4-9.jpg
むぅ。とりあえず光は見えているのでよしとしましょう。
光が強すぎるのは最後に光量調整の可変抵抗を付けるので、最初はこんなもんでしょうか。

続いて左手です。
左手はビームサーベルを持っているので、手首からの配線を通さなければいけません。

sizu4-10.jpg
先に頭の中で配線の通る道筋と順番を考えてそれぞれのパーツに通していきます。

あとはパーツを接着して乾燥を待ちます。

ということで、今回はこれでおしまいです。

次回は腕の続きになります〜。

posted by 筆塗り大王 at 18:35| Comment(0) | ガンプラ製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プレミアム バンダイ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。