ガンプラ

2014年11月12日

静岡ガンダムLEDエディション制作日誌5

毎度のことながら悪戦苦闘している制作日誌ですが・・・

今回も静岡ガンダムの腕の続きです。

sg1.jpg
とりあえず腕のパーツを接着してみました。
接着が甘かったのか、いくら削っても腕の合わせ目が完全に消せません(TT)

面倒になったので、このまま進めることにしました(^^;

今回、かなり制作に時間がかかっていますが、
その理由として・・・

初のスジボリを試みています。
HG版のG30th はパネルラインの溝が浅く、
塗装すると溝が埋まってスミ入れがうまくいかなさそうなので、
パネルラインのスジ掘りをやり直しています。
それがとてつもなく時間がかかり、
気を抜くとラインからはみ出てパーツに傷が出来ては修正の繰り返し・・(TT)

いい加減心が折れそうになってきました(汗)

sg2.jpg
なんとか、スジボリを終えて部分塗装&スミ入れを行いました。

今回はもう一つ初の試みとしまして、
今までスミ入れにはガンダムマーカーを使っていたのですが、
色ムラができるのと、シャープにスミ入れが出来なかったのでエナメル塗料でのスミ入れに挑戦しました。

結果、スジボリが下手くそなのでエナメル塗料でスミ入れしてもガタガタになってしまいましたが。。

sg3.jpg
もう一つの時間がかかる要因。
やたらと各所にあるデカール貼です(汗)

キット付属のマーキングシールやRGのリアルスティックデカールは使用せず、
別売のガンダムデカールを使用しました。
リアルスティックデカールではキレイに印刷されているのに、
ガンダムデカールは印刷のドットがやたらと粗いので一瞬躊躇しましたが、
遠目からは分からないかなと思い、せっかく買ったのでそのまま使用することに。

やっと腕部が完成したので、
次の難関の肩パーツに入ります。

肩にはライトが片側に4か所あります。
これを再現しようと思うのですが・・・

sg4.jpg
HGキットではRGに比べてライト部分がやたらと小さい!

sg5.jpg
とりあえず参考資料の写真集を見ながら削る部分をマジックで黒く塗ってみました。

あとはルーター、棒ヤスリ、針ヤスリとツールを変えて削り進み・・

sg6.jpg
ようやくライト部分の穴あけ完了。

sg7.jpg
この四つのパーツに穴を開けるのに要した時間、約2時間(汗)

またもや心が折れそうになりつつも、
次のステップへ・・

そして、穴を開けた部分をどうするかですが・・

まず、穴を再度埋めなければならない。
その際、光を通す素材で埋めなければならない。

この二点が必須なのですが、その条件に見合う素材がなかなか決まらず、
色々と検索しながら探していたのですが・・

sg8.jpg
今回は試しにこの透明粘土というものを使ってみることにしました。

sg9.jpg
大きい方が粘土(樹脂らしい)、小さい方が硬化剤です。

これを混ぜ合わせてコネココネ・・・

コネコネ・・・

sg10.jpg
穴を埋めるには多すぎる量を使ってしまいました(汗)

sg11.jpg
とりあえず、練り終わった透明粘土を各パーツの穴に埋めていきます。

この透明粘土が硬化次第、表面を削って塗装しようと思うのですが・・・

穴を埋めてから二日が経った現在、
まだ固まっていません(汗)

本当に固まるのか不安になりつつ、
もう少し様子を見てみることにします(^^;

ということで、また次回〜。

posted by 筆塗り大王 at 18:00| Comment(0) | ガンプラ製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プレミアム バンダイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。