ガンプラ

2014年11月21日

静岡ガンダムLEDエディション制作日誌6

前回、両肩のランプ点灯を再現するために穴を開け、
穴が空いた部分に透明のクリアパーツを埋め込むために「透明粘土」という素材を使用して穴を埋めてみました。

sg6-1.jpg
数日かかってやっと固まったようなので、
恐る恐る盛った部分をヤスリがけしてみることにしました。

ゴリゴリゴリ・・・

あれ?

削れない(汗)

透明粘土は固まるとゴムのようになってしまい、
ヤスリがまったく通用しません(大汗)

もうちょっと力を入れて削ってみるか・・

「ポロっ」

ノォォォォォォォ!

まったく削れないどころか、
埋め込んでいた透明粘土が外れて落ちてしまいました。。_| ̄|○

透明粘土は失敗だったようです・・
結構高かったのに〜(TT)

仕方ないので、また別の素材を探さなくてはいけません。

とりあえず、仕方ないのでこれはしばらくこのままにしておき、
頭部を先に作ることにします。(^^;

まずはトサカです。
メインカメラと後部カメラがありますので、
これらを光らせます。

頭部は検討した結果、RGの方が楽そうなのでRGの頭部パーツを使用することにします(^^;

sg6-2.jpg
トサカ内にLEDを仕込むため、邪魔な部分を削ります。

ルーターでガリゴリ削って・・

sg6-3.jpg
いい感じに穴が空きました!

お次はメインカメラと後部カメラですが、
キットのものは成型色が赤色なのでまたクリアパーツを複製しなければいけません・・

sg6-4.jpg
まいどおなじみのおゆまる登場です!(笑)

sg6-5.jpg
なんとかレンズ部分の複製はできました。
写真で見るとゴミみたいです(^^;

そして、トサカ内部を透け防止のため黒に塗装してLEDを埋め込みます。

sg6-6.jpg
レンズ部分はクリアレッドを塗装しましたが、どうもムラがあるようなので、
後から何か別の方法で修正することにします。。

とりあえずLEDが埋まったので点灯テストです。

sg6-7.jpg
よし!ちゃんと光りました(^^)

いつものことですが、四苦八苦してLEDを埋め込んで点灯テストで無事点灯するとテンション上がります(笑)

次回は顔面パーツ&ツインアイカメラの発光です!

posted by 筆塗り大王 at 14:02| Comment(0) | ガンプラ製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プレミアム バンダイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。