ガンプラ

2014年12月19日

静岡ガンダムLEDエディション制作日誌10

今回で10回目になる静岡ガンダム制作日誌ですが・・
ふと、いつから開始したのかブログを見返したところ、
9月からでした(^^;
三か月もかかってまだ半分以下とは・・(汗)

ぶっちゃけ、ユニコーンガンダムのフルLEDエディションよりも苦戦しています(TT)

それはさておき、
肩のライト部分のクリアパテが届いているので、
ようやく腕部分に戻ります。

流動性の無いクリアパテってとても少なく、
ネットで探しまわってようやく見つけることができました(汗)

sg11-1.jpg
今回はこのパテを使用してみます!
送料込みで4000円くらいかかりました(TT)

これで失敗したらもうモチベーションがもちません・・・

sg11-2.jpg
蓋を開けるとこんな感じです。
寒天のような塊がゴロゴロ入っています。
二液性で、付属の液体を混ぜると硬化が始まります。

そして、うまくゆくかドキドキしながらパテを盛って待つこと1日。

固まったのを確認して恐る恐るヤスリがけをすると・・・

sg11-4.jpg
やりました!
今度はうまく削れました!(^^)
良かった。。

このパテ、硬化前は薄いオレンジ色をしていますが、
固まると無色透明になります。
ヤスリがけもできるので、
流れ出てしまうと困る部分にはもってこいです!

ようやく次の段階に移ります。

とりあえず、光が透けるのを防ぐため、
パーツの裏側をブラックで塗装します。

sg11-5.jpg
遮光のため裏側をブラックで塗装。

そして、各ランプ部分の真後ろにLEDを配置します。

sg11-6.jpg
肩部分だけで4個のLED、8本の配線が。。(汗)

sg11-7.jpg
そして、腕部分を肩パーツにはめ込み、配線をすべて通していきます。

四苦八苦しながら、配線を通し、パーツをはめ込みようやく腕が完成!!

早速、光らせて確認してみると・・

sg11-8.jpg
やってしまった・・(TT)
二か所隠ぺい塗装をするのを忘れていました(汗)
もう、バラすの危険そうなので、無理やり隙間から塗装することにしました(^^;

ともあれ、ようやく腕が完成したので、やっと胴体部分に入れます。

完成はいったいいつになるのか?

posted by 筆塗り大王 at 16:29| Comment(3) | ガンプラ製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガンプラブログ楽しく読まさせて頂いております。
今回は質問があったので、コメントさせて頂いた次第です。
早速ですが、実は僕、今度MGのジムカスタムに電飾を施そうと思っているのですが、肩の部分のLEDは砲弾型を使ってらっしゃるのでしょうか?それともチップ型のLEDでしょうか?
チップ型だったとして、色が付いているLEDはあるのでしょうか?

突然このような質問を送ってしまい、申し訳ありません。
何卒、回答お願いします。
Posted by 月山 玲 at 2016年05月14日 11:52
月山さん。

こんにちは!はじめまして。
コメントありがとうございます(^^)
私の場合、1/144サイズでの制作なので、場所によっては砲弾型を使うことがありますが、ほとんどの場合がチップLEDの使用になります。
色は砲弾、チップ共に各色あります。
もしスペースに余裕があるのであれば砲弾型の方が使い易いと思います。
チップの場合、導線をハンダ付けしても、導線が引っ張られたりするとすぐにLED本体の端子部分が剥がれてしまいます。
砲弾型の場合は端子部分が透明の砲弾型樹脂で包まれていますので、いくら引っ張っても大丈夫です。(導線のほうがちぎれるかもしれませんが。。)
LEDは下記サイトで色々と販売しています。
http://akizukidenshi.com/catalog/c/cled/

是非電飾頑張ってください!
Posted by 筆塗り大王 at 2016年05月14日 15:26
返信有り難う御座います!
砲弾型とパッチ型、実物を見つつよくよく検討してみようと思います!
参考URLとても助かります!
電飾頑張ります!
Posted by 月山 玲 at 2016年05月15日 12:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プレミアム バンダイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。