ガンプラ

2015年04月05日

プロジェクトF始動!

静岡ガンダムを完成させてしばらく魂が抜けていましたが、
そろそろ次の作品を作ろうかと思います。

名付けて「プロジェクトF」!

今回は持てる技術の全てをつぎ込み、
さらに新しい試みも付け加えて
ガンプラビルダーズワールドカップに出てみようかと思います。
(今年の開催分に間に合わなかったら来年用か・・)
目標は一次予選通過!!
のガンプラ景品目当てです(^^;
ガンプラ王などの規約などを見ていますと、
公開した作品はNGらしいので、
後から一部手を加えるとよいらしいですが、
それも面倒なので今回は制作過程を記事にせず制作を進めていこうと思います。

なので、作品は作りますがブログはしばらく更新が止まるかと・・

コンテストが終わったらブログで公開しようと思います(^^)

さぁ〜て、頑張って作るぞ〜!
(商品のクリアバージョンが欲しいから)

posted by 筆塗り大王 at 10:18| Comment(0) | 日記・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

Gのレコンギスタ・劇場行ってきました!

今日はGのレコンギスタ先行上映の開始日でしたので、
劇場限定のブルーレイ欲しさに行ってきました(^^;

最初はGセルフの触角がどうも馴染めなかったのですが、
見ているうちにだいぶ慣れてきました(^^;

今回は劇場で購入したものは、
ブルーレイ、Gレコパンフレット、35周年記念ブックの三種類。
まだ、発売されていないから仕方ないとはいえ、
劇場限定といえばガンプラなので、
Gセルフのクリアバージョンも販売して欲しかったところです。。

DSC01815.JPG
こちらがブルーレイと付属の絵コンテ集。

DSC01817.JPG
こちらがパンフレット。少しですが勢力図なども載っており、
作品を見るうえでより分かりやすくなる解説があったので良かったと思います。

DSC01816.JPG
こちらがガンダム35周年記念ブック。
こちらはファーストからの冨野監督作品の紹介と監督のコメントが記載されているものです。
厚みがGレコのパンフとほぼ同じで価格がパンフレットの倍の2000円はちょっと・・・(汗)

今回、3話まとめての上映ということで、3話分見てきましたが、謎が色々とちりばめられており、
今後の展開がとても楽しみです。(^^)

あと、昨日プレバンから35周年記念のシャアザクヘッドとRGガンダムのセット、Gガンダムのハイパーモードセットが届きました。

DSC01811.JPG
こちらがザクヘッド&RGガンダムのセットの箱。デカイ!!

DSC01812.JPG
RGガンダムの説明書は通常のものと同じで、ザクヘッドのものが新規となっていました。

DSC01813.JPG
こちらがハイパーモードセット。

DSC01814.JPG
当たり前ですが、全てキンピカ!!
説明書は新規でゴッドガンダムとマスターガンダムの組み立て方がまとめて記載されています。

今回届いたザクヘッドを見ていると、
LEDを仕込みたくてムラムラしてきました(笑)

実は・・・
しばらくLED作品を作っていない間にノウハウをすっかり忘れてしまいました(大汗)
どんな抵抗を使っていたのか、どのような小物を使っていたのか、
全然思い出せません(TT)

ということで、そのうちリハビリがてらにザクヘッドLEDエディションでも作ってみようかと思います。
でもこのザクヘッド、マニュアルを見ていると、中身がぎっしりつまっていて、配線を通すのにかなり苦労しそうです。。
「大きい=楽」
という訳にはいかないみたいです。。
しかし、この大きさだと筆塗りはかなり厳しそうです。。
これを機会にエアブラシデビューでもしてみようかな~

posted by 筆塗り大王 at 15:22| Comment(0) | 日記・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

ガンダム展限定ガンプラ ガンダム&ザクセット

今回はガンダム展で購入した限定ガンプラのガンダムとザクを紹介したいと思います。
組み立てはしばらくできそうにないので、
概要だけを簡単に・・

gt8.JPG
こちらがシャアザクと量産型ザクのセットのパッケージです。
フルカラーパーッケージでオリジナルの絵柄になっています!

gt9.JPG
ランナーはシャアザクも量産型ザクも一緒にパッケージングされています。

gt10.JPG
ランドセルのアカメタがとても綺麗!

今回のガンダム展大阪会場限定ガンプラはガンダムとザクセットの二種類ですが、
名前はメタリックエディションとなっています。
最近の限定ガンプラで採用されつつある整形色にメタリックの素材を使うガンプラです。
見た目や色合いはエキストラフィニッシュバージョンによく似ています。

エキストラフィニッシュバージョンは通常のランナーの上からメタリック塗装をしているのに対して、メタリックエディション(バージョン)はランナーの整形色自体にメタリックのプラ素材を使用しています。

ですので、メタリックエディションの場合は塗装が剥げる心配はありませんが、
ところどころにメタリック素材が金型に流入した際にできるムラ模様が出ています。
ただ、エキストラフィニッシュバージョンと違い、塗装する工程&コストがかかりませんのでその分価格は安くなっているという感じです。

gt11.JPG
こちらがマニュアル。
マニュアルも専用のマニュアルとなっています。

gt12.JPG
こちらがガンダムパッケージ。
こちらもオリジナルのパッケージで「大阪限定」と書かれています。

gt13.JPG
こちらがランナー。

gt14.JPG
写真の赤丸部分が先ほど書いた金型流入時にできるムラ模様です。

ちなみにこのムラですが、
一個一個、違うムラなのかなとも思いましたが、
二個買ったものを見比べますと、
まったく同じ位置に、同じ模様でムラが入っていました。。
さすが機械で生産されているだけあります。(^^;

gt15.JPG
こちらがマニュアル。
ガンダムもオリジナルのマニュアルとなっています。
とはいっても基本はG30モデルですから組み立て方が違うわけではありませんが・・

大阪会場でいきなり主役のガンダムとザクを出してしまいましたが、
東京会場限定のガンプラはいったい何になるのでしょうか?
今から楽しみです。

posted by 筆塗り大王 at 16:28| Comment(2) | 日記・戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレミアム バンダイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。