ガンプラ

2011年03月12日

1/144 旧キット ジム

今回は悲劇のやられMS・ジムです(笑)
製作は2004年くらいです。

resize0319.jpg

resize0320.jpg

resize0321.jpg

旧キットのジムは首から下はなかなかいいのですが、
顔面の丸みを帯びたゴーグル、のっぺりとした頭など、
首から上がかなり辛いものがあります・・・

resize0322.jpg

このキットもゴーグルはメタリックグリーンで塗装。

足や手はガンダムが白なので、白だと思い込み、
白く塗ってしまいました(^^;

設定色はもう少し青みがかっているようですね・・

この頃はまだガンダムカラーをキットに合わせて買うということをしていませんでした。

resize0323.jpg

おかげで、適当な色で仕上がることが多く、
いまさらですが、たくさん後悔しています(笑)

この1/144ジムは思い出深く、小学生の頃に3体くらい買った記憶があります。
一体は、普通に作り、二体目はドライバーをロウソクで熱してジムのお腹に突き刺してグリグリし、
ジャブローでの「あのシーン」を再現しようとして失敗、
三体目はジムキャノンというものがキット化されていなかったので自分で作ろうと、
肩に穴を開け、ガンキャノンのキャノン砲を接着剤でくっつけました・・・。
ちなみに当時小学二年生だった私は穴を開ける工具も知らず、
仏壇から線香を拝借し、線香に火をつけてその熱で溶かして穴を開けていました(汗)


・キットうんちく。

シールドは1/144ガンダム付属のものとは違い、
しっかりとのぞき窓が開けられています。

武器はビームスプレーガンとサーベルが付属。

あっさりしたキットですが、
稼動箇所も多く、とても優れたキットです。
ラベル:ジム
posted by 筆塗り大王 at 21:19| Comment(0) | ガンプラ製作レビュー・1/144連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

1/144 FGポッキーガンプラ・ガンダム

今回はお遊びで作ったポッキーガンプラのご紹介です。
製作は2007年くらいです。

resize0459.jpg


塗装は筆塗りでしましたが、合わせ目処理はしていません。。

このキットは「とりあえず、ポッキーを持たせる」ということで、
手軽に塗装を含めて数時間で作り上げました。

なので、合わせ目はガンダムマーカースミ入れペンの筆タイプで汚して誤魔化しています(^^;
あんまり誤魔化せていませんが・・・

resize0460.jpg


キット自体はFGなので単色ランナーでポリキャップは無しですが、
プロポーションはとてもよく出来ていますね(^^)

このポッキーガンプラの目玉でもある、ポッキーを持たせるためのハンドパーツを装着して、
いざ、ポッキーを持たせてみました!

それなりにカッコイイので、部屋に飾っておいたら・・・・

二日後、ポッキーが湿気を吸って根元からふんにゃり曲がって
床についていました(汗)

しかも、そのポッキーを取り除こうとすると、
根元から折れてしまい、手のひらに残ったポッキーをほじくり出すのに一苦労(TT)

みなさん、ポッキーを持たせるのは気をつけましょう・・・

resize0461.jpg



・キットうんちく。

このキットはコンビニ限定で発売された、ポッキーとガンプラのコラボ商品です。

内容としては、ポッキー1箱とガンプラのFGがセットになっているのですが、
通常のFGと成型色が微妙に違っています。
そして、ポッキーを持たせるための軟質樹脂で出来たハンドパーツが付属しています。
また、ハロのデザインのマーキングシールも付属しています。

このポッキーガンプラですが、
発売後、数日で完売した店舗もあれば、いつまでたっても売れ残っている店舗もあり、
かなり店舗によって売れ行きにばらつきがあったようです。

ちなみに、ガンダムは極細ポッキー、シャアザクは通常ポッキー、量産型ザクはビターポッキーが入っていました。

posted by 筆塗り大王 at 19:19| Comment(0) | ガンプラ製作レビュー・1/144連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

1/144 旧キット アレックス

前回、非売品のアレックスを紹介しましたが、
今回は通常キット版のアレックスの紹介です。
製作は2005年くらいです。

resize0090.jpg

resize0091.jpg

resize0092.jpg


前回紹介したキットに付属していたクリア版チョバムアーマーはこちらで使用しました(^^)

このキット、とても出来はいいのですが、
1つ残念なのが、股間のV字マークが平らになっていて、
マーキングシールを貼るようになっているのです・・・(TT)
絶版となったHG版ガンダムと同じ仕様ですね。

resize0094.jpg

シールを貼るには楽でいいのですが、
イマイチリアルさに欠けてしまいます・・

resize0096.jpg


旧キットゆえに顔面は別パーツになっていないので、
塗装が少し難しいです。

今回は塗装をした通常チョバムアーマーとクリア版とを混ぜて使用してみました。

resize0097.jpg

この年代とサイズでチョバムアーマー脱着のギミックを取り入れるというのはとても素晴らしいです!

ぜひ今の技術で1/144サイズのFAガンダムも作って欲しいですね〜。



・キットうんちく。

旧キットながらも、チョバムアーマーの脱着ができ、
腰の回転など、とても素晴らしいキットになっています。

アーマーは本体の一部のパーツを取り外してから着用します。

付属武器はサーベル、ライフル、シールドです。
posted by 筆塗り大王 at 20:26| Comment(0) | ガンプラ製作レビュー・1/144連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレミアム バンダイ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。