ガンプラ

2011年09月27日

HGUCユニコーンモードLEDエディション製作日記4

ということで、今回はユニコーンモードの頭部制作の続きです。

頭部パーツの塗装がすべて終了しました。

ucm5.jpg

緑のLEDは点灯テストをしてみたところ、
かなりの光量で激しく光っていました・・(汗)

ということで、
光透け対策もしっかりしておきます。

ucm8.jpg
パーツ裏側はつや消しブラックで塗装。

そして、今回メインカメラを光らせるかどうかでかなり迷いました。

メインカメラを光らせるのはかなり面倒な作業が必要です。

デストロイモードの場合はメインカメラがむき出しなので、
手間をかけても報われるのですが、
ユニコーンモードの場合、
せっかく光らせても一本角に隠れてほとんど見えません・・。

ということで、
悩んだ挙句にメインカメラは光らせるのをやめることにしました。

で、どうしたかというと・・・・。

ucm6.jpg
はい。私が発見した3D折り紙を使用することにしました。

以前、記事にも書きましたが、
100均で売っている3D折り紙がレンズのようになっていて、
とても綺麗です。

それを切り取り、両面テープで貼り付けます。

ucm7.jpg
で、貼り付けるとこんな感じ。

この折り紙を使えば手軽に
キット付属のホイルシールや通常のアルミテープでは再現できない、
奥行きのあるレンズ表現ができてしまいます!

そして、顔面パーツに導線を通す穴を開けてLEDを通します。

ucm9.jpg
LEDを横から見た感じです。

次回は顔の完成予定です。
posted by 筆塗り大王 at 21:30| Comment(0) | 1/144HGUCガンダムユニコーンLED化日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

HGUCユニコーンモードLEDエディション製作日記3

最近、少しだけガンプラ作る時間が出来てきたので、
ユニコーンモードLEDエディションの制作を進めることができるようになりました。(^^)

ということで、
難題山積みの顔面の制作です。

ゴーグル部分はクリアパーツだと思っていたのにホイルシールだったので大きく肩を落としつつ、
ゴーグル部分をくり抜くという地味な作業をすることにしました。

まずはゴーグル部分(マジックで塗ったところ)に穴を数か所開けて、その後に針ヤスリで穴を広げていきます。

ucm1.jpg

この日の為に超極細の針ヤスリを購入しました!(^^)

ucm2.jpg
裏側も黒く塗った出っ張りを削り取ります。

そして、シャコシャコ削ること数時間。


ようやく形が整ってきたところで・・・。


もう少し、もう少し・・・・




ぽきっ。



Noooooooぉぉ~!!

ucm3.jpg

気を許した瞬間、
せっかく買った針ヤスリをポッキリやってしまいました(TT)

とほほ・・・

その後、折れた針ヤスリを使って終了。

ucm4.jpg

ようやくここまでこぎ着けました。はぅ~。

テンションが一気に下がったので、
今日はここまで。(^^;

posted by 筆塗り大王 at 19:55| Comment(2) | 1/144HGUCガンダムユニコーンLED化日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

HGUCユニコーンモードLEDエディション製作日記2

今日はようやく自分の時間が作れたので、
ブログを更新しようと前の記事の日付を見てみたところ・・・

なんと、約2二か月ぶりの更新。(汗)

いつまでこの状況がつづくのやら・・(TT)

ユニコーンモードLEDエディションの制作といえば、
わずかな時間を見つけてはちょびっとずつ進めていました。

で、ようやく各パーツの溝彫りが終わり、
溝を彫ったパーツのみ塗装が完了しました。

uni9111.jpg

今回、デカールはデストロイモードの残りと、
足りない分はNCデカールの似たようなものでごまかしました(^^;

ここまできて、少し残念に思ったのが、
溝の幅が思ったより広くなってしまって、
隙間が目立つようになってしまったこと。

今更どうしようもないので、
このまま強行突破ということにしました(^^;

それでは、LEDを下に入れて発光テストをしてみましょう。

uni9112.jpg
こちらは左肩のアーマー。

この下にLEDをいれてみます。

uni9113.jpg
をを。

やたらと溝が目立ちますが、
私の実力としてはよしとしましょう(^^;

次はフロント腰アーマーです。

uni9114.jpg
これは、どこまで溝を掘るかでかなり悩みました。

稼動する部分の強度をギリギリまで保ちつつ、
溝を入れなくても不自然でない部分を探しここで落ち着きました。

LED点灯!

uni9115.jpg
溝を彫っていないスミ入れの部分との境が少々気になりますが、
これ以上溝を彫ると強度的に不安が残るので、
これでよしとしましょう・・・。

なにはともあれ、
彫った溝からサイコフレームの発光が垣間見えるという試みはいまのところ順調のようです。

あとは、どのようにLEDを固定するか、
どこに配置するかなど課題は山盛りです・・(TT)


ついでに、悲しい事実も知ってしまいました。


頭部のゴーグル部分ですが、
キットを買うまでは、
ゴーグルの緑の部分はクリアパーツだと思っていました。

クリアパーツなら、後ろにLEDを配置するだけでゴーグル部分が楽に光ると思っていたのですが・・

しかし、開けてビックリ玉手箱!(意味不明)

ゴーグル部分はシールでの再現でした。(TT)

これがまたやっかいで、
ゴーグル部分だけをくり抜くのもかなり手間な構造をしてくれています(TT)

ほんとに完成するのでしょうか??(^^;

ということで、
次の更新はまたかなり先になりそうなユニコーン日記でした。


posted by 筆塗り大王 at 13:41| Comment(3) | 1/144HGUCガンダムユニコーンLED化日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレミアム バンダイ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。